バイヤグラの効果が現れない人たちへ/勃起障害のない人には効果がない

バイヤグラへの期待

バイアグラ

バイヤグラが性力を高めるという見方の多くは新聞や雑誌の報道からきている。バイヤグラ報道は、まるで最初のつきロケット打ち上げのニュースのような扱いでした。

 

しかもエイリアンのような人物まで登場しているのです。たとえば『タイムズ』のカバーストーリーに登場した73歳のバイヤグラ愛飲者は「20代のガールフレンド数人と週に3回以上セックスを楽しんでいる」と言っています。

 

また似た話で「バイヤグラ・サクセスストーリー」がローカル氏やインターネットのチャットなどいろいろな場所で話題となっています。

 

性生活にこれといって不満の無い男性が「飲んでみたらいいことがあるかも」と考えるのも無理はありません。

 

バイヤグラの効果

しかし、実際にはバイヤグラは勃起不全の男性にしか、効果はありません。健康な人がバイヤグラを服用したからと言って、以前よりも勃起の持続が続くわけでもありせん

 

さらに勃起時にペニスが硬くなることもありませんし、それでも男性はバイヤグラのいろいろな情報には興味があるのです。それは自分自身がいつインポテンツになってしまうかもしれないという不安があるからかもしれませんね。その時のためにバイヤグラの情報を仕入れているのです。

 

 

普通の男性からのバイヤグラ服用報告

バイヤグラの効果

アメリカ人夫婦の話です。45歳のボブは、バイヤグラがよく効いたと報告しました。妻のべスも「文句のつけどころはない」と言います。

 

バイヤグラを飲んでベッドに入ったボブは、まず「暖かく心地よい、締め付けられるような感じ」がいのあたりから股間に広がっているのを感じるといいます。

 

数分後にベスもベッドに入りました。ボブの話では「ベスはきっちり既婚で手も足も凍えるほど冷たくて、あまりロマンティックな雰囲気とは言えませんでした。」だが5分もしないうちに「かなり熱気を帯びた状態になり」2人は30分ほど成功しました。

続きを見る

 

 

性道徳とバイヤグラ

 

人口の高齢化、性別役割の変化、これらすべてがバイヤグラ現象に寄与したとする社会分析者は、子の現象が続けば人口の高齢化を懸念します。

 

高齢者の多くはベビーブーム時代に生まれた人が成年になることに起因します。このままでは85歳以上の後期高齢者の割合が倍増してしまうと推測されています。

 

現在の平均寿命は75歳。道徳面での性別による価値観の違いと相まって、パートナーはいないがデートをし、性生活をもういとど始める能力を持った多くの女性が増加するのです。

 

 

高齢化社会が普通かすれば、晩年になっても健康を維持しておかないといけないという重圧が増えます。

 

正常な男らしさ、女らしさについての考え方は人それぞれですが、人工的・経済的・技術的動向にこたえて変化しました。ピルが使用できるようになったこと、女性解放運動、同性愛者解放運動、性革命などの社会現象も加わり、バイヤグラの登場は多くの男性の求めていたものです。

 

女性の新たな社会的な役割と機会が生じたことで、昔ながらの男性の枠割が変化し、ますます精神的に気付尽きやすくなり、戸惑う男性が増えました。

 

そのことが心因性の勃起不全が拡大した原因の一因だとも言われています。その時代にバイヤグラが救世主のように登場したので、その認可の決済に携わる男性も含めてバイヤグラを後押ししたのです。

 

 

 

 

バイヤグラで愛が失われる

 

バイヤグラの効果

 

21世紀に登場したバイヤグラは一気に人気の勃起不全治療薬の地位を上り詰めました。多くの男性がこの恩恵を受けて喜んでいるのです。

 

しかし、バイヤグラのもう一つの一面を知らないで服用している人がほとんどなことが心配なのです。それはバイヤグラを使用しての性行為に愛情が薄れてしまうということです。

 

性行為とはお互いに愛しあい行うものです。若しも男性の調子が悪くても、女性は気遣いを見せるのが愛情なのです。しかし、バイヤグラの登場でそのような愛情がどんどん不要となってしまっているのです。人々はただ快楽のためだけにバイヤグラを必要としているのです。愛のある性行為がなくなりつつあるといっても過言ではありません。

 

それは人間としてとても寂しいことではないでしょうか?このような警告がささやかれ続けているにもかかわらず、医療現場で幅広い男女の性の問題を理解され解決し続けることによって、どんどんバイヤグラを必要だと考える人が増えているのです。

 

もちろん本当にバイヤグラを使用しながらも、愛情のある性生活を送っているカップルもいるでしょう。しかし、バイヤグラの使用によって愛情の内政生活を送っているカップルも増えているのです。

 

必要な人だけにバイヤグラが使用できるようにしないと、これからもどんどん人間は愛の内政生活を送ることになってしまうことになるでしょう。